Top

最新記事【2007年03月25日】

スポーツ専門学校は、主にスポーツに関する能力・知識の取得を目的とした専門学校です。

スポーツ専門学校で学ぶことは、専攻や目的によって差があり、内容はかなり違ってきます。
スポーツ専門学校に通う人も、プレイヤーとしての技術や知識を求めている人もいれば、逆に指導者に必要なノウハウを求めている人もいるからです。
しかし、プレイヤーであれ指導者であれ、「スポーツマンシップ」といったものや、安全に対する認識は共通して必要です。


そんなスポーツ専門学校のカリキュラムの例としては、

・各種スポーツ(球技・陸上競技・格闘技等)の演習
・体のメンテナンス、コンディショニング、カウンセリング
・スポーツ障害への対処法
・トレーニングプログラムの作成
・ダイビング、スノーボード、スキー等のライセンスの取得

があります。

スポーツ専門学校での講義は、積極的にスポーツに関わっていきたい人にとっては、受講することで有意義なものとなることでしょう。

スポーツ専門学校とは、スポーツに関するさまざまな能力の開発や知識の取得に主眼が置かれた専門学校です。

「スポーツ専門学校」と一言で言っても、そのカリキュラムの内容は各分野によりさまざまです。
スポーツ専門学校に通う人の目的も、スポーツ選手を目指す人から、インストラクターや審判、トレーナーなどとして活動したい人まで、その目的は多岐に渡っています。

しかし、スポーツ専門学校に通う人たちに共通していることは「スポーツが好き」ということ。
プレイヤーであれ指導者であれ、スポーツに関わるからには、スポーツを安全に効率的に行うための知識は不可欠です。


スポーツ専門学校では、このようなスポーツに必要な知識やテクニックを学ぶことができますので、スポーツに深く関わりたい方は、スポーツ専門学校を選ぶといいでしょう。

専門学校は、法的には高等学校卒業者もしくは同レベルの学力を有すると認められた者を入学対象としています。
ですから専門学校の種類はさまざまですが、その性質としては、「職業訓練校」的なカラーが濃いと言えます。
そのため、各専門学校のジャンルに対応する資格の取得に力を入れている専門学校も少なくありません。

専門学校のこうした特色は、工学技術系専門学校でも例外ではありません。
現代社会に各分野の「工学技術」は不可欠です。
工学技術系専門学校においては、各ジャンルのプロフェッショナルの育成を主眼としています。

工学技術系専門学校の中でも、特に社会において必要とされている専門学校の一つが、医療工学技術に関する専門学校です。
日進月歩の医療の現場では、常に最新のテクノロジーが求められています。


こうした専門学校で学び、医療の現場で仕事をすることは、クリエイティブな側面からも、社会福祉の面からも、大変やりがいのある仕事と言えるでしょう。

工学技術系専門学校は、文字通り工学技術系のエンジニアを育成する専門学校です。

「工学技術」と一言で言っても、実はそのジャンルはさまざまです。
「医療工学技術」「電子工学技術」「人間工学技術」「機械工学技術」などがあり、工学技術系専門学校では、こうしたさまざまなジャンルの「工学技術」について専門的に学びます。

工学技術系専門学校として、社会からのニーズが高いものの例としては、医療工学技術の専門学校が挙げられます。
医療において必要な人材は、当然医師や看護士だけではありません。
医療は最新のテクノロジーを導入する場の一つであるため、「医療工学技術者」の存在は不可欠なのです。

よって、医療工学技術者を育成するための専門学校は、この社会にとって最も必要なものの一つと言っても過言ではないでしょう。

農業・園芸系専門学校では、文字通り、農業・園芸に関する知識・テクニックを中心に学ぶための専門学校です。

近年、特に都市部においては、農作物や観賞用植物の主な入手先は小売店となっています。
都市と農村は断絶され、消費者にはそれら農作物・観賞用植物がどのように育てられたかなど分からないというのが現状です。
しかし、こんな現代社会においても、農作物・観賞用植物の育成は、私たちの生活にとって必要不可欠なものです。
こうしたものを育成する技術および技術者が、社会にはどうしても必要です。

農業・園芸系専門学校は、こうした社会のニーズに応えることのできる人材を多く送り出しています。

農業・園芸系専門学校の卒業生の進路としては、農業・園芸の自営をはじめ、生花店や園芸店、ホームセンター、JA、植物園、企業といった農業・園芸関連の諸機関など様々です。

農業・園芸系専門学校は、私たちが生きてゆく限り必要な専門学校と言えるでしょう。

農業・園芸系専門学校は、農業や園芸に関するスペシャリストを育成するための専門学校です。

植物は、私たちの食糧としてだけではなく、心を癒してくれる盆栽やガーデニング、環境保全など、さまざまな意味で私たちの心身にとってなくてはならないものです。
農業・園芸系専門学校では、こうした植物との共存の仕方、育成のテクニックなどを学びます。

農業・園芸は、その生育・栽培テクニックを知ることで、格段に効率を上げることができます。
逆にテクニックを知らないことで遠回りをし、損をすることも少なくありません。

農業・園芸系専門学校は、こうした農業・園芸において必要な知識やテクニックを得たい人にとってはまさにうってつけの専門学校ではないでしょうか?。

理容美容専門学校は、文字通り、理容師・美容師を育成する専門学校です。
当然のことながら、専門学校では理容師・美容師の国家資格の取得をサポートしてくれます。

あなたは、自分もしくは他人の散髪をしたことはおありでしょうか?
子どもの髪ならともかく、大人の髪の場合は、やはり素人の腕では何かと不満が残りますよね。
また、そこで理容師・美容師のプロの技のすごさを感じた人も少なくないのではないでしょうか?


理容美容専門学校のカリキュラムの例としては、

・カット
・ヘアカラーリング
・着付け
・メイクアップ
・衛生管理
 
といったものがあります。


理容美容専門学校では、ヘアメイクのプロを育成するわけですから、理容美容専門学校のカリキュラムも、こうしたヘアメイクのテクニックに特化した内容になっています。

理容美容専門学校は、理容師・美容師を育成することに主眼が置かれた専門学校です。

理容師さん・美容師さんは、私たちにとって、とても身近な存在です。
ちょっとオシャレな人なら、行きつけの美容院があったりお気に入りの美容師さんがいたりするはず。
まあ、そこまででなくても、多くの人は定期的に理容師さん・美容師さんのお世話になっているのではないでしょうか?
「カリスマ美容師」なんて言葉もありますね。

理容師・美容師になるためには、資格が必要です。

理容美容専門学校では、理容師・美容師の国家試験合格の手助けをしてくれます。
理容師や美容師を目指す若い人にとっては、理容美容専門学校に通うことが、国家試験合格の早道と言えるでしょう。

「教員養成系専門学校」と一言で言っても、その内容はさまざまです。
実際に教員といっても、小学校〜大学の教員だけではありませんし、教育の場も社会のあらゆるところに存在しています。

こうしたさまざまな教育の場における教員のニーズに応える教員養成系専門学校の中で、最もポピュラーなのは保育専門学校ですが、他にも福祉関係の教員養成系専門学校などがあります。

義務教育や高校など、「学習指導要領」に基づいた教育がなされている教育現場では、どうしてもその教育内容は画一的になりがちです。

しかし、教員養成系専門学校の卒業生が活躍する教育現場では、オリジナリティのある、現場の声に応えた教育がなされていることも少なくありません。
そういう意味では、教員養成系専門学校は、教育の何たるかを学ぶいいチャンスを与えてくれる場とも言えます。

教員養成系専門学校は、各種の教員養成を主眼にした専門学校です。

一般的に「教員」というと、小学校から大学までの教員を思い浮かべがちです。
しかし教育の現場は、こうしたところばかりではありません。

身近な例では幼稚園・保育園から、病院や各種施設までさまざまです。
教員養成系の専門学校は、こうしたさまざまな教育の場における教員の需要に応えます。


教員養成系の専門学校として一番ポピュラーなのは、やはり保育専門学校です。

このタイプの教員養成系専門学校では、保育士や幼稚園教諭などの資格を、短期大学部併修の場合
は卒業と同時に取得します。

そうでない場合は受験資格を取ることができます。
カリキュラムは、単に子どもの扱い方だけではなく、心理学や社会福祉なども扱っており、非常に充実した内容となっています。

保育専門学校は、主に保育士および幼稚園教諭の育成を主眼としている専門学校です。

保育専門学校では、子どもとの付き合い方をはじめ、専門的に子どもの心理などを学びます。
保育専門学校の代表的なカリキュラムの例としては、

・社会福祉
・発達心理学
・体育理論

といったものがあり、ほかには実技として、ピアノや図画工作などがあります。

また保育専門学校の中には夜間の部を設けているところもあり、働きながら保育士や幼稚園教諭の受験資格を取ることも可能です。
学生の中には、昼間に幼稚園や保育園で「助手」をしながら通学している人もあり、卒業と同時に助手をしている園に採用されるという例も少なくありません。


保育専門学校の卒業後の進路は、少子化とはいえ、共働きや片親の家庭が多いために、その需要は高く、どこの卒業生でも就職浪人になるということはあまりないようです。

保育専門学校とは、主に保育士を育てるための専門学校です。

保育専門学校を卒業することで取得できる資格としては、一般的に、

・幼稚園教諭2種免許
・保育士資格

が主流で、短期大学部併修の場合は卒業と同時に取得します。


そうでない場合は受験資格を取り、その後国家試験を受験します。
さらに、そのほかの保育関連の民間資格などの取得も視野に入れています。

少子化が進んでいる現代とはいえ、共働きや片親の家庭は多いため、乳幼児の預かり先を求めている人は多数存在します。
保育専門学校は、こうした乳幼児の保育の需要に応えることのできる人材を多数送り出しています。

保育で最も重要なことはやはり「子どもが好き」ということですが、子どもを単に可愛がるだけでは保育になりません。

保育士専門学校では、保育に関する必要な知識やテクニック、つまりどうしたら子どものより良い成長を促すことができるかということを学ぶことができるので、保育園・幼稚園への勤務を望む人は、保育専門学校で学ぶのもいいでしょう。

電気・エレクトロニクスの専門学校は、電気・エレクトロニクス分野のエンジニアを育成するための専門学校です。

電気の取り扱いは、時に危険を伴います。
電気・エレクトロニクス関連の技術者になるには、専門的な知識は必須ですし、こうしたエンジニアなしでは、現代の日本の生活は成り立ちません。


電気・エレクトロニクス関連の専門学校のカリキュラムは、学校や専攻によってかなり異なりますが、その代表例としては、以下のようなものがあります。

・電気工事の設計・積算・施工技術
・強電技術、半導体、デジタル技術
・通信機器やAV機器などのエレクトロニクスに関する応用技術
・コンピュータの取り扱い


電気・エレクトロニクス関連の専門学校を選ぶ際は、将来自分がしたい仕事に必要な学科・カリキュラムがあるかどうかを、よく確認することが大切です。

電気・エレクトロニクスの専門学校は、電気・エレクトロニクス関連のエキスパートを養成するための専門学校です。

電気・エレクトロニクス関連は、現代社会では絶対欠かすことのできない分野です。
私たちの生活は、電気なしでは成り立ちません。

このような電気を有効に安全に使うために、電気・エレクトロニクスの専門学校出身のエンジニアたちが多数活躍しています。
 
電気・エレクトロニクス関連の専門学校では、単に技術を学ぶだけではなく、電気・エレクトロニクス関連の資格取得の手助けもしてくれます(もちろん国家資格も取れます)。

電気・エレクトロニクス関連の業界に就職したい人は、電気・エレクトロニクス関連の専門学校で学ぶのがいいでしょう。

デザイン専門学校は、その名の通り、デザイナーを養成するための専門学校です。

デザイン専門学校では、当然デザイン技術を中心に学びます。
デザイン専門学校の具体的なカリキュラムは専攻によっても違いますが、例としては以下のようなものがあります。

・グラフィックデザイン
・エディトリアルデザイン
・クラフトデザイン
・イラストレーション(漫画・キャラクターデザインなど)
・プロダクトデザイン
・リビングデザイン


また、近年のデザインはパソコンを使って行うことが多いため、パソコンおよびデザイン関連ソフトの実習も欠かせません。
デザイン専門学校は、将来デザイナーになりたいと考えている人にとっては大変適した専門学校と言えるでしょう。

デザイン専門学校は、デザイナーを養成するための専門学校です。

デザインは、現代の日本社会では、ありとあらゆる分野で欠かせないものです。
そのためデザイナーの需要も大変高く、ちまたには多くのデザイナーとデザイン事務所がひしめき合っています。
こうしたデザイナーの需要に応えるのがデザイン専門学校です。

デザイン専門学校の卒業生の卒業後の進路は、やはりデザイナーが中心ですが、一言で「デザイナー」と言っても、そのジャンルはさまざまです。
出版業界や芸能・芸術関連にはじまり、インダストリアルデザインやクラフトデザイン、キャラクターデザインなど、デザイン専門学校の卒業生の活躍の場は多岐にわたっています。

実際こうした意味では、デザイン専門学校で学ぶことは、自分の夢が叶う可能性がある専門学校の一つと言えるでしょう。

アニメ専門学校は、アニメーターを養成することを目的とした専門学校です。

アニメ専門学校では、基本的にはアニメに関する技術を学びますが、アニメの技術といってもさまざまですよね。

アニメ専門学校のカリキュラムの代表例としては、以下のようなものがあります。

・デッサン、イラスト
・「Flash」「RETAS!PRO」などのデジタルアニメソフトの実習
・2DCG、3DCGの実習
・編集技術の学習


アニメ専門学校では、こうしたアニメーションに必要な技術のほかに、「一般教養」といったものも学びます。
アニメーターになるにもいろいろな知識が必要なんですね。

日本のアニメは、今や世界中で非常に高く評価され、多くの作品が海外に輸出されています。
アニメ専門学校は、世界中の人に夢を与えたい人にとっては、大変学ぶ価値がある専門学校と言えます。

アニメ専門学校とは、アニメーション技術者(アニメーター)を養成するための専門学校の総称です。

アニメ専門学校では、アニメーションについてのテクニックを学びます。
それと同時に、基本的なデッサン力・表現力などを養い、特にデッサンは、アニメにおいては大変重要です。
アニメーションを製作する場合、デッサンが狂っていると、アニメーションができません。
そのため、プロのアニメーターのデッサン力には目を見張るものがあります。

アニメ専門学校の卒業生の主な進路は、やはりアニメ業界です。

しかし、アニメ業界自体は非常に厳しい業界でもあるので、アニメに限らず、デザイン・イラストなどの分野に活動の場を求める人も少なくありません。

メイク専門学校は、メイクアップ・アーティストを養成するための専門学校です。

メイク専門学校の卒業生の活躍の場としては、芸能関連・化粧品業界・美容業界・ブライダル業界などがあります。

では、メイク専門学校では、具体的にどのようなことを学ぶのでしょうか?

メイク専門学校でのカリキュラムとしては、具体的なテクニックは勿論のこと、他にも「スキンケア理論と実習」「皮膚と香粧品学」「骨格とメイクアップ」などといったものもあり、また顔だけではなく、ヘアやネイルなどを含むトータルコーディネートについても学びます。

メイク専門学校のこうしたカリキュラムを見ると、卒業後に自分の腕を活かせる場に就職することが期待できます。
しかし仮にメイクと関係ない職種を選んだとしても、自分を最大限に美しく見せる技術は、自分自身の生活に活かせそうですね!

「メイク専門学校」とは、その名の通り、メイクの技術を学ぶための専門学校です。

メイク専門学校は、メイクに関するスペシャリストを養成する場です。
メイクの技術は非常に多くの分野で需要がありますし、特に人が露出するメディアの分野では、メイクアップ・アーティストは欠かせません。

こうしたアーティストの需要の高まりに応えるのが、メイク専門学校なのです。

メイク専門学校の卒業生の進路は、やはりメイク関連の仕事がメインです。
テレビや映画のみならず、舞台やPV・DVD、また化粧品業界や美容業界、ブライダル関連など、メイク専門学校の卒業生の活躍の場は多岐にわたっています。

こうしたメイク関連の仕事は、多くの人をキレイにして喜んでもらえるという意味で、とてもやりがいのある仕事ではないでしょうか?

専門学校に入学するか、大学に進学するかで、悩む人は少なくないと思います。

専門学校と大学の大きな違いは、どこにあるのでしょうか?

専門学校の場合は、実習がカリキュラムに多く組み込まれており、即戦力重視の傾向が見られます。
1〜2年制の学校が多いので、学費も比較的安く済みます。

大学の場合は、実習が少なく、学問的な探究を深める傾向があります。
専門分野に関する幅広い知識を学び、一般教養などにも多くの時間が取られています。

また、卒業時に取得可能な資格に差がある場合があることも、専門学校と大学の違いの一つでしょう。


就職した場合には、専門学校卒と大学卒では、給与が数万円差がつく場合もあり、昇格等にも影響すると言われています。

将来、自分が進みたい職業をしっかりと見据えて、目的と条件に合った学校を選ぶことが大切です。

専門学校と大学の違いは、どこにあるのでしょうか?

期間で言えば、専門学校は1〜2年制のところが多く、大学は4年制が基本です。

専門学校では、その短い時間の中で、即戦力となるような実践的な知識・専門技術を取得することを目的としています。期間的に見た場合は、希望する職種への最短の道である、と言えるかもしれません。


一方、大学は、4年という長い期間を活かして、専門的な分野に関する幅広い知識を学んでいきます。

大学では、実技・実習よりも、学問的なものに比重が置かれることが多いのが特長です。
当然教養科目も多くなっています。

専門学校と大学では、期間はもとより、教育内容や施設・設備にかなりの違いがあるため、学費にも大きな差があります。

また、取れる資格においては、専門学校と大学では全く同じ場合もありますし、違いがあるものもあります。

例えば、看護師を目指す場合、看護大学を卒業すると、専門学校を卒業した場合と同様に、看護師国家試験の受験資格が得られます。

しかし、それだけでなく、大卒の場合は、保健師や助産師の受験資格も得ることができるのです。


就職面では、専門学校卒と大学卒の場合、給料が数万円違う場合もあります。

就職したての頃は、専門学校卒の人の方が即戦力として重宝される傾向がありますが、数年経つと、大学卒の人の幅広い知識が買われ、評価が逆転することも少なくありません。

結局、専門学校と大学の違いはいろいろあり、それぞれ一長一短です。
専門学校に入るか、大学に進学するかを考える場合、まずは自分が将来就きたい職業をはっきりと定めて、目的を達成するために最適・最短な道を選ぶとよいでしょう。

ビジネス系の専門学校といっても、その分野は多岐に渡ります。

そのため、専門学校を選ぶ場合には、まず自分の具体的な希望職種や分野を絞っておく必要があります。
主な分野には、簿記・経理系、経営系、流通・販売系、IT・情報系、医療系、福祉系などがあります。

専門学校によってかなり違いはありますが、経営学(マネジメント)、流通マーケティング、ビジネスマナー、オフィスで使用するコンピュータソフトの操作などを、主な履修内容の一部としているところは多いようです。

一般的な資格としては、簿記や秘書検定等がありますが、その他には、企業が求めるビジネス能力を客観的に評価するという「ビジネス能力検定」などの受験者も増えつつあります。

ビジネス系の専門学校には、簿記関係、経営関係、流通関係、情報関係……と、さまざまな分野があり、目指す職種に特化した専門学校も多くあります。

一般的には、経営学(マネジメント)、流通マーケティング、ビジネスマナー、パソコン操作などを基本として学ぶ学校は多いようです。

ビジネス系の専門学校は、資格取得に熱心です。
専門学校が、生徒の関連資格取得のためのバックアップや、ガイダンスを行っているところも多くあります。

簿記検定、販売士検定、ビジネス能力検定、秘書技能検定、オフィスなどのソフト操作に関係した検定等々は、ビジネス系の一般的な資格の一つです。

専門学校の中でも、国家資格取得に直結する学科のある施設には、安定した人気があります。

看護系の専門学校もその一つです。
ここは専門学校卒業と同時に、看護師の国家資格の受験資格が得られます。

看護系の専門学校生は、医療系全体の半数近くを占めており、国家試験受験者も、他の医療系資格の受験者と比較して、群を抜いて多くなっています。

看護師の国家試験の合格率は90%前後ということを考えると、看護系の専門学校さえ卒業すれば、かなりの確率で看護師になることができると言えるでしょう。

看護専門学校では、専門的な知識や技能を短い期間で学ぶことができますが、学校での学習以外に、病院実習があります。

看護専門学校は、病院の付属施設となっているものも多く、就職に有利になることもあります。

総合的に考えても、看護系専門学校に入学することは、看護師になるための一番の近道です。

今後も、高齢化社会に伴ったニーズの高まりとともに、専門学校が果たす看護士育成の役割も、ますます大きなものになっていくでしょう。

専門学校の中でも、看護系は、就職に直結する資格や技能、知識を身に付けることができるため、安定した人気を誇っています。看護師を目指す人にとっては、一番の近道と言えるでしょう。

専門学校を卒業すると、看護師の国家資格を受験できる資格が得られます。

また、看護師の国家資格の合格率は90%前後です。
専門学校さえ卒業すれば、かなりの確率で資格を得ることができます。

看護のほかにも、医療系の専門学校の学科には、診療放射線、臨床検査、理学療法、作業療法、鍼灸、柔道整復、歯科衛生士、歯科技工士等々がありますが、看護学科の学生が、医療系全体の半数近くを占めるほどの人気です。

高齢化社会の進行に伴い、看護師の需要が成長すると共に、看護専門学校のニーズは今後もますます高まっていくと思われます。

調理関係の専門学校は、料理の道を目指す人が技術や専門知識を学び、自分の腕を磨く場です。

昼間部で1年コースというところが主ですが、専門に調理を学びたい人のために、2年のコースを設けているところもあります。

1晩の特徴は、専門学校卒業と同時に、国家資格である調理師免許と、食品衛生管理者の資格が無試験で得られるということです。

調理関係の専門学校で、最近人気なのは、ケーキなどのお菓子やパン作りについての知識・技術を身につけたい人のための、製菓衛生師学科です。

カリスマシェフやカリスマパティシエなどの登場により、調理関係の業界も、近年再び活気づいてきました。

若くして高い調理技術を持つ調理師を生み出すために、専門学校が果たす役割は大きいものと言えます。

調理師を目指す人にとって、専門学校への入学は最も早道です。

それは調理の専門学校を卒業すると、国家試験免除(無試験)で、調理師免許を取得することができるからです。

調理の仕事に就くためには、必ずしも専門学校等で学ぶ必要はありませんが、免許取得が採用の条件だったり、給料にプラスして手当がつく場合もあります。

専門に調理の道を進みたいなら、専門学校を卒業し、早期に調理師の国家資格を取得しておくことをおすすめします。

また、調理関係の専門学校には、栄養士学科、製菓衛生師科などが併設されている場合もあります。
栄養士の国家資格も、指定された専門学校を卒業すれば、無試験で取得することができます。

専門学校の中でも、音楽関係は、音楽業界への就職を希望する人のためのスキルアップの場として人気を集めてきました。

しかし、音楽の専門学校のヴォーカル科やミュージシャン科を出たからといって、アーティストとしてデビューし成功するとは限りません。

当然のことに専門学校での勉強は、あくまでもベースです。
つまり音楽業界で成功するにも、そこは本人の才能と資質、個性が勝負の実力社会だからです。

音楽系の専門学校には、ミキシングやレコーディング等の音響技術者(エンジニア)関係、コンサートイベント関係等の、裏方スタッフ的な学科もあります。

音響関係の分野には資格もあるので、専門学校在学中に資格取得を目指す人も少なくありません。
最新の音響機器等が揃っていることも、音楽の専門学校ならではでしょう。


好きな音楽を仕事にするための有力なステップとして、音楽系の専門学校は、若者たちから支持されています。

専門学校の中でも、音楽系は、あまり現実的ではない、趣味を兼ねた進路選択だと思われがちです。

ヴォーカル科、ミュージシャン科などの場合は、音楽の専門学校を出たからといって、アーティストとしてデビューし成功できるとは限りませんし、基本的には才能と個性が勝負の世界です。

しかし、音楽関係の専門学校を出て、音楽業界の裏方・スタッフとして就職することは、努力次第で可能です。

音楽の専門学校には、ミキシングやレコーディング等の音響技術者(エンジニア)関係の学科や、コンサートイベント関係の学科もあり、多彩です。

専門学校在学中に、音響関係の資格取得にチャレンジする人も少なくありませんし、音楽が好きな人のスキルアップの場として、専門学校は、大きな役割を果たしています。

専門学校の中でも、ファッション系の学校はそんなに多くありません。

専門学校の学科には、服飾科、ファッションデザイン科、パタンナー科、着物科等々があり、最近ではスタイリストやマーチャンダイザー関係の学科の人気が高まっているようです。

ファッション系の専門学校を卒業後は、アパレル企業に就職する人が多く、ファッションアドバイザーは、もっとも多い職種の一つです。

ファッション関係の資格には、洋裁技術検定、パターンメーキング技術検定試験、ファッションビジネス能力検定試験、ファッションコーディネート色彩能力検定などがあります。

専門学校在籍中に数多くの資格取得にチャレンジする人も多くいますが、基本的に、ファッション業界は実力社会です。
現場で技術や感性を磨き、流行を鋭くとらえ、作り出していく能力が必要とされます。

専門学校の中で、ファッション系が占める割合は高くありません。

ファッションデザイナーになるためには、専門学校に入るのがスタンダードな道です。
しかし、ファッション系の仕事も実力社会です。

洋裁技術検定、パターンメーキング技術検定試験、ファッションビジネス能力検定試験、ファッションコーディネート色彩能力検定などの資格取得にチャレンジすることもできますが、この道で成功するかどうかは、その人の感性と技術によるところが大きいようです。

専門学校在籍中に、さまざまなファッションコンテスト等に取りくんで腕を磨く学生もいます。

また、専門学校内の学科の中では、スタイリストやマーチャンダイザー関係のコースが人気上昇中です。

現在アパレル業界自体はやや低迷気味ですが、ファッション系の専門学校で学ぶ生徒は、夢に向かって進む意欲を持っている人が多く、今後の活躍が期待されています。

専門学校の中でも、美容系は、近年急激に学生数が増加した分野の一つです。

近所のパーマ屋さんや理容室といった、少し泥臭いようなイメージが近年では大きく変わり、「原宿のヘアサロンのカリスマ美容師」などが注目を集めるようにもなりました。

国家資格である美容師、理容師の資格は、美容専門学校を卒業すると、受験資格を得ることができ、美容師試験の合格率は、80%前後となっています。

美容の専門学校では、学科の他に、シャンプー、カット、パーマ、ブロー、カラーリング等の実務技術を学んで、検定試験に備えます。

また、専門学校には、頭髪を対象としたものだけでなく、エステティックやメイクアップ、ネイルアートなどを学ぶコースを併設するところも増えており、これらも人気を集めています。


☆☆あなたの夢を応援します TSBS美容学校☆☆

専門学校の中でも、美容系の学生数は、10年前の4倍近くに増加してきている様です。

90年代末に起こった「カリスマ美容師」ブームで、美容師という職業が一気にクローズアップされるきっかけになりました。

専門学校を卒業すると、美容師・理容師の国家資格の受験資格を得ることができます。

そのため、美容師、理容師を目指す人は、美容免許の取得のためには美容系の専門学校に入るということが一番の近道、ということができます。

また、美容系専門学校の中にはエステティシャン、ネイリスト、メイクアップアーチストなどを目指す人のための学科を設置している所も増えてきています。


【TSBS】東京綜合理容美容専門学校

専門学校の中でも、医療系は、国家資格の受験資格が得られるとあって、人気が高い分野の一つです。

入学試験は、他の分野よりも倍率が非常に高い傾向にあり、有名大学なみの難関校となっている専門学校もあります。

医療系の専門学校生が目指す主な職業は、看護師、保健師、臨床検査技師、歯科衛生士、理学療法士、救急救命士、柔整復師、鍼灸師等々などです。

医療系専門学校の中では、看護の分野が全体の半数近くを占める人気分野となっています。
高齢化社会や医療技術の進歩等の影響により、医療関係の専門学校が果たす役割は、今後も、ますます高まっていくと思われます。

専門学校の中でも、医療系は安定して人気のある分野です。
卒業すると、医療関係の国家資格の受験資格を得られるということも、魅力の一つでしょう。

専門学校の全在籍者における医療系の割合は3割近くであり、その中では、看護関係が半数ほどを占めています。

医療専門学校の学科は多岐に亘り、看護、診療放射線、臨床検査、理学療法、作業療法、鍼灸、あんま・マッサージ指圧、柔道整復、歯科衛生士、歯科技工士などがあります。

医療系の学科は、大学や短大に設置されているものもありますが、専門学校が最も主要な養成機関となっている分野が数多くあります。

それは医療に関係した職業の登竜門とも言える医療専門学校や、堅実な国家資格取得をめざす人たちからの人気は、その需要から今後も高まっていくと思われます。

資格取得・就活のための専門学校選び

『資格取得・就活のための専門学校選び』では、数多くの専門学校を職業分野で知ることができます。
あなたにぴったりの、一番適した学校を探すことが大切です。
高校生の皆さんが将来の「なりたいあなた」になるため、また専門知識を身につけて、これからの時代を有利に生き抜くため、専門学校探しは1つの重要なターニングポイントとなります。

当サイトではこれからを夢見るあなたを応援します。