Top >  専門学校とは >  専門学校と大学の違いとは

専門学校と大学の違いとは

専門学校に入学するか、大学に進学するかで、悩む人は少なくないと思います。

専門学校と大学の大きな違いは、どこにあるのでしょうか?

専門学校の場合は、実習がカリキュラムに多く組み込まれており、即戦力重視の傾向が見られます。
1〜2年制の学校が多いので、学費も比較的安く済みます。

大学の場合は、実習が少なく、学問的な探究を深める傾向があります。
専門分野に関する幅広い知識を学び、一般教養などにも多くの時間が取られています。

また、卒業時に取得可能な資格に差がある場合があることも、専門学校と大学の違いの一つでしょう。


就職した場合には、専門学校卒と大学卒では、給与が数万円差がつく場合もあり、昇格等にも影響すると言われています。

将来、自分が進みたい職業をしっかりと見据えて、目的と条件に合った学校を選ぶことが大切です。

         

専門学校とは

関連エントリー

専門学校と大学の違いとは 専門学校とは