Top >  アニメ専門学校 >  アニメ専門学校とは

アニメ専門学校とは

アニメ専門学校とは、アニメーション技術者(アニメーター)を養成するための専門学校の総称です。

アニメ専門学校では、アニメーションについてのテクニックを学びます。
それと同時に、基本的なデッサン力・表現力などを養い、特にデッサンは、アニメにおいては大変重要です。
アニメーションを製作する場合、デッサンが狂っていると、アニメーションができません。
そのため、プロのアニメーターのデッサン力には目を見張るものがあります。

アニメ専門学校の卒業生の主な進路は、やはりアニメ業界です。

しかし、アニメ業界自体は非常に厳しい業界でもあるので、アニメに限らず、デザイン・イラストなどの分野に活動の場を求める人も少なくありません。

         

アニメ専門学校

関連エントリー

アニメ専門学校のカリキュラム アニメ専門学校とは