Top >  デザイン専門学校 >  デザイン専門学校とは

デザイン専門学校とは

デザイン専門学校は、デザイナーを養成するための専門学校です。

デザインは、現代の日本社会では、ありとあらゆる分野で欠かせないものです。
そのためデザイナーの需要も大変高く、ちまたには多くのデザイナーとデザイン事務所がひしめき合っています。
こうしたデザイナーの需要に応えるのがデザイン専門学校です。

デザイン専門学校の卒業生の卒業後の進路は、やはりデザイナーが中心ですが、一言で「デザイナー」と言っても、そのジャンルはさまざまです。
出版業界や芸能・芸術関連にはじまり、インダストリアルデザインやクラフトデザイン、キャラクターデザインなど、デザイン専門学校の卒業生の活躍の場は多岐にわたっています。

実際こうした意味では、デザイン専門学校で学ぶことは、自分の夢が叶う可能性がある専門学校の一つと言えるでしょう。

         

デザイン専門学校

関連エントリー

デザイン専門学校のカリキュラム デザイン専門学校とは