Top >  保育専門学校 >  保育専門学校とは

保育専門学校とは

保育専門学校とは、主に保育士を育てるための専門学校です。

保育専門学校を卒業することで取得できる資格としては、一般的に、

・幼稚園教諭2種免許
・保育士資格

が主流で、短期大学部併修の場合は卒業と同時に取得します。


そうでない場合は受験資格を取り、その後国家試験を受験します。
さらに、そのほかの保育関連の民間資格などの取得も視野に入れています。

少子化が進んでいる現代とはいえ、共働きや片親の家庭は多いため、乳幼児の預かり先を求めている人は多数存在します。
保育専門学校は、こうした乳幼児の保育の需要に応えることのできる人材を多数送り出しています。

保育で最も重要なことはやはり「子どもが好き」ということですが、子どもを単に可愛がるだけでは保育になりません。

保育士専門学校では、保育に関する必要な知識やテクニック、つまりどうしたら子どものより良い成長を促すことができるかということを学ぶことができるので、保育園・幼稚園への勤務を望む人は、保育専門学校で学ぶのもいいでしょう。

         

保育専門学校

関連エントリー

保育専門学校のカリキュラム 保育専門学校とは