Top >  農業園芸専門学校 >  農業・園芸系専門学校生の卒業後の進路

農業・園芸系専門学校生の卒業後の進路

農業・園芸系専門学校では、文字通り、農業・園芸に関する知識・テクニックを中心に学ぶための専門学校です。

近年、特に都市部においては、農作物や観賞用植物の主な入手先は小売店となっています。
都市と農村は断絶され、消費者にはそれら農作物・観賞用植物がどのように育てられたかなど分からないというのが現状です。
しかし、こんな現代社会においても、農作物・観賞用植物の育成は、私たちの生活にとって必要不可欠なものです。
こうしたものを育成する技術および技術者が、社会にはどうしても必要です。

農業・園芸系専門学校は、こうした社会のニーズに応えることのできる人材を多く送り出しています。

農業・園芸系専門学校の卒業生の進路としては、農業・園芸の自営をはじめ、生花店や園芸店、ホームセンター、JA、植物園、企業といった農業・園芸関連の諸機関など様々です。

農業・園芸系専門学校は、私たちが生きてゆく限り必要な専門学校と言えるでしょう。

         

農業園芸専門学校

関連エントリー

農業・園芸系専門学校生の卒業後の進路 農業・園芸系専門学校